外反母趾の人はスリッパを履いてはいけない

surippa

外反母趾になっている人は、親指を使わない生活をしている人が多い。

あなたは普段、親指も使って歩いていますか?
指ではなく、足の裏だけで歩いていませんか?

靴の生活は、10本の指も靴の中にすっぽり収まっていて、歩くときは指で蹴らず、足裏だけで歩いていることがあるんです。

そうすると、親指が筋力不足になるだけでなく、指を開かない生活を続け、靴に合わせて足が変形していくのです。

靴を脱いだとき、足が靴の形になっていたら、ちょっと指を伸ばしてみましょう。
指の背伸びです。気持ちいいですよ。

Sponsored Links
 

スリッパを履いている生活では指が動きません

スリッパを履く生活を考えてみてください。
あなたの指はスリッパの中で動くことができますか?

実はスリッパを履く生活がよくありません。
特に、つま先の開いていない普通のスリッパがよくないんです。

なぜなら、スリッパをズルズル引きずって歩くので、裸足で歩くときのように、指で蹴って歩く動作をしないことになるんです。

しかも、外反母趾の人はスリッパの中で足がズレて、そのズレがまた指の骨の変形を進行させることになります。

だから、外反母趾の人はスリッパを履いてはいけないんです。

家でもスリッパ、会社でもスリッパ。

スリッパを常に履き、気付くとスリッパを引きずって歩いています。

外反母趾という足指の障害は、骨の変形が進行しているときはずっと痛いですが、骨が固まり、進行が止まれば痛くなくなります。

しかし、それは外反母趾が治ったわけではありません。

スリッパを引きずって歩いているということは、足の親指に力を入れていない歩き方なんです。

そして怖いことに、スリッパを履いていなくても、歩き方そのものが、足を引きずって歩くように変化してくるのです。

Sponsored Links
 

足を引きずるということ

「足を引きずる」ということは、つま先や足指にまったく力が入っていない歩き方です。

この歩き方は、足指を使わないで足の裏面だけで歩いているため、足指につながる筋肉は退化していきます。
ということは、筋肉が退化して指の付け根が曲がってくるのです。

だから、まずは歩き方を正さなければいけません。

あなたの歩き方を第三者の目で見てみよう

もし、指を使わないで、足の裏面だけでペタペタ歩いていたり、足を引きずったりしていたら、指につながる筋肉がなくなってしまいます。

思い切って、スリッパを履く生活をやめてみましょう。
家では裸足や靴下生活がいちばんです。

スリッパを履くと、誰もがスリッパが足から離れないようにして歩く傾向があります。

この歩き方は、外反母趾の原因となる「指上げ歩き」をしています。
足指で踏ん張ることをしなくなるため、どんどん筋力が低下して足裏のアーチが崩壊します。

外出先や職場でも、利用できるなら外反母趾専用のスリッパに替えた方がベストです。

外反母趾にならないスリッパの選び方

屋内での仕事中、靴では足が蒸れるので、スリッパを履いて過ごすことがあります。
そんなとき、外反母趾であってもなくても、履き心地のよいスリッパがいいです。

では、どんなスリッパがいいのでしょう。

  1. 足を包み込む形のもの
  2. スリッパの形は甲の部分がしっかり覆われていることが重要です。
    歩行時にパタパタという音が鳴るものは、足に合っていないので避けましょう。

  3. サイズの微調整ができるもの
  4. 甲の部分にベルトやマジックテープなどがついていて、形に合わせてサイズを自由に変えられるものがベスト。
    ぴったりフィットさせると履き心地がよくなるだけでなく、足の疲れを軽減したり転倒を防ぐ効果も期待できます。

    また、アーチを補正することで足の筋力低下を防ぎ、外反母趾などのトラブルを予防することができます。

  5. アーチにフィットするもの
  6. スリッパの場合も、足裏のアーチにフィットするものを選びましょう。
    アーチがないデザインのスリッパは、インソールを利用してフィットさせるといいですよ。

楽天市場で
外反母趾にならないスリッパをみつけました。

アマゾンでも
外反母趾にならないスリッパをみつけました!

会社では、外反母趾にならないスリッパを履いて、足を引きずらない生活に変更してくださいね。
きっと、歩く姿勢が良くなって素敵な姿に映るようになるでしょう。

今回の内容を振り返ってみましょう。
参考になれば幸いです。

  1. スリッパを履いている生活では指が動きません
  2. スリッパをズルズル引きずって歩くので、指で蹴って歩く動作をしないことになるんです。

  3. 家でもスリッパ、会社でもスリッパ。
  4. スリッパを履いていなくても、歩き方そのものが、足を引きずって歩くように変化してきます。

  5. 足を引きずるということ
  6. 足をひきずると、足指を使わないで足の裏面だけで歩いているため、足指につながる筋肉は退化していきます。ということは、筋肉が退化して指の付け根が曲がってくるのです。

  7. あなたの歩き方を第三者の目で見てみよう
  8. スリッパを履くと、誰もがスリッパが足から離れないようにして歩く傾向があります。

  9. 外反母趾にならないスリッパの選び方
  10. スリッパを足にフィットさせると履き心地がよくなるだけでなく、足の疲れを軽減したり転倒を防ぐ効果も期待できます。

<あとがき>

 
我が家には、スリッパがありません。
以前、お客様用として、トイレには置いていたのですが、誰もスリッパを履こうとしないんです。

なぜって、家の中では靴下や裸足の生活の方が足が疲れないからです。
足指も大きく開いて気持ちいいですよ。

Sponsored Links

関連記事

ページ上部へ戻る