ゆるい靴は開張足になりやすい

足に合う靴が見つからない。
足のサイズにぴったりで疲れない靴が候補だと思うけれど・・
特に、通勤通学に履く、使用頻度の多い靴はスニーカー?それとも革靴?

通勤靴は何がいちばんよいのだろうか?

ƒvƒŠƒ“ƒg

通勤時、周りの女性の足元を見てみると
ほとんどのOLが、パンプスのかかとを余らせて歩いています。
ぴったりフィットした靴を履いている人はほんの一握り・・

縦のサイズが合っていても、幅が合いません。
長さを合わせても、パンプスやフラットシューズでは
どんどん靴の前部分に足が入り込み、かかとが余っています。

Sponsored Links

なぜ今「幅広靴=足にやさしい、良い」
というのが常識になっているのか。

日本人に多いと言われる甲高幅広ですが、
むしろ甲高幅広の人は少数派のような気がします。

私の母や祖母も幅狭です。
二人とも長年足に合わない靴を履いてきたために、
かなりひどい外反母趾になってしまっています。

足の細い人が幅広の靴を履き、前滑りを起こすために
外反母趾になってしまうパターンも多いらしいです。

なぜか自分が幅広だと誤解している女性が多い。
実は自分も下駄のような幅広の足だと思っていました。
3Eサイズと思い込んでいました。

22センチのオシャレな靴が少ないので、
22.5センチの靴を購入して履いていました。

これが大きな間違いだとは知らずに・・・

Sponsored Links

自分の足の正しいサイズをご存知ですか?

下駄や草履ではなく、靴が主流の今、
なんとなく「自分の足はこんなもの」
子どもの頃からの延長線にある靴を履いています。

これに関しても問題だと感じています。

実際は細幅の足なのに、
自分の足を幅広だと思い込んでいる人が多いのです!
実は私も含めてなんですが・・。

幅広の靴は足に優しい、
外反母趾は細い靴を履くのが原因?
こう思い込んでいる人が多いらしい。

先ほども書いたけれど、
サイドにゆとりがありすぎる靴を履いているために、
足がどんどん靴の前の細くなっているところに入り込み、
それが原因で外反母趾になったりする人も多いんです。

理想は足をぴったり包み込み、
側面のゆとりはない正しいフィッティングの靴です。

合わない靴は健康も害することを靴業界に理解してほしいです。
足の方が靴に合わせようとして、靴の中で指がふんばっています。

とても疲れます。
歩き方も悪くなって膝・股関節や腰を痛めます。

これまで、パンプスは何を履いても足が痛くなるので、
EEやEEEのコンフォートシューズばかり選んでいました。
これって
スリッパを履いているような感覚だったんですね(苦笑)。

ちゃんと測ったらEEEなんてとんでもない、ワイズA~Bで踵がAA。

長年合わない幅広靴を履き続けたせいか、開帳足になりました。
裸足になって上から見ると、幅広に見えます。
これが誤解の認識(=幅広靴がいい)を生むんですね。

木型からオーダーすると数十万円かかります。
一生その木型が使えるならまだ値打ちがあるのだけれど、
足に合う靴を履いていると開帳足などの障害が改善されていくため
自分本来の足の型に変わっていくそうです。
しかし、その度に木型が必要になります。

結局、細幅靴専門店のセミオーダーに落ち着いていますが、
一足5~6万円するのです。なかなか買えません(泣)

こうならないためにも、
パンプスがカポカポして上手く歩けないという方は、
信頼できる靴屋のシューフィッターさんに、
サイズを測定してもらうことをお勧めします。

きちんとサイズを測ってもらうと、健康的な歩き方に変わっていきますよ。

Sponsored Links

関連記事

ページ上部へ戻る