外反母趾と体力維持のための栄養素

外反母趾は足に合わない靴か、歩き方に問題があるようなの
通常、スニーカーなら足にピッタリしているので
靴の中で指が曲がっているとは考えにくいよね

ところが、毎日スニーカーを履いていても
指に異常を感じている人がいる

ゆるいスニーカーを引きずってズルズルと歩いたら
それはシューズではなく、明らかにスリッパだよね

引きずるということは、足先や指にまったく力が入らない歩き方だよね
その姿がペンギンがペタペタ歩いているように見えるので、
「ペタペタ歩き」とも言われているの

このペタペタ歩きによって、足裏の筋肉はもとより、
脚の筋肉にも退化の波が押し寄せて来てしまったら大変

外反母趾の疑いがあると思ったら、靴下のまま
もしくは裸足で歩いているときに
足先や指がどんな状態で歩いているか意識して見てみよう

きっと、指に力が入っていない状態で、足の裏や指の付け根で歩いていて、
床にドシンドシンと、自分の体重が全身に響いていると思うよ

この歩き方が体によくないこと、身をもって実感できるよね
このよくない歩き方を知ることで外反母趾予備軍になっていることに気付くし
歩き方を「正す」ことが大事だということがわかるのね

歩くためには、体力維持しなければならない
そのためには栄養を十分とらなければいけないよ

ちょっと、教科書みたいになるけど、大事なことなので、
さらっと読んで、頭の片隅に入れてくれるとうれしいな(^_-)-☆

正しい歩行のための栄養素

<水分とタンパク質>

人間の体の約70%は水分
脱水状態になると、筋肉のけいれんを起こしたりし、
汗をかくと水分と一緒に塩分などのミネラル分も失われるので
水分はスポーツドリンクなどで、ミネラル分と糖分も一緒に補給するようにしてね

また、髪の毛・皮膚・内蔵・爪・血液などは全部タンパク質で作られているの
つまり、何より重要なのは筋肉もタンパク質から作られているということ

ちなみにタンパク質は、卵や肉類・魚・乳製品・大豆などに多く含まれています

<糖質・炭水化物>

お砂糖は糖質の代表格。有酸素運動で一番消費されやすいエネルギーが糖質で
不足すると力が出なくなってしまうの

長い時間を続けて運動するときは、飲み物等でこまめに補給してね
運動後の体力回復にもいいので、スポーツ選手は練習後にチョコレートなどで
糖質をとる人が多いそうだよ

糖質は、ごはん・パン・パスタなどの麺類・ジャガイモなどにも含まれています

<脂質>

体脂肪が気になる人は多いけれど、脂質は必要量をとるようにしないと、
病気などに対する抵抗力が低下してしまうよ

脂質は、肉の脂身・鳥皮・マヨネーズ・調理油などに多く含まれています

<植物繊維>

筋肉を付けるためにタンパク質をたくさんとっているとき、
普通よりも食べ物が腸内に留まる時間が長くなって
悪玉菌が繁殖しやすくなるので、水分と植物繊維の補給は
腸内環境を正常に保てるから必須だね

植物繊維は、野菜類・コンニャク等に多く含まれています

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る